なぜ人妻がデリヘルで働くのか

キャバクラの仕事も風俗の仕事も、基本的に年齢制限はありません。「実年齢」というのはあまり関係なく、それよりも「見た目年齢」の方が重要視されます。実年齢が30歳でも40歳でも、人妻でもバツイチでも、お店のコンセプトに合うなら働く事ができます。

今の時代は不景気です。夫婦でも共働きをしている人達はたくさんいます。人妻として昼間の時間にパートをする場合に、スーパーのレジの仕事を選ぶ人ももちろん居ると思いますが、デリヘル嬢の仕事を選ぶ人も居るのが現状です。子供が居る場合はともかく夫婦二人暮らしだったら昼間は時間を持て余していますでしょうし、仕事中である旦那さんに知られる可能性も低いです。一日の勤務時間を短めにすれば、家事に支障が出る事も少なくなります。そんな考えの元に、結婚している人妻がデリヘル嬢として働くケースは往々にしてあります。

人妻と呼ばれる人達は、若い独身女性よりも経験豊富です。男性経験だけでなく社会経験も豊富なので、デリヘル嬢やソープ嬢の過酷な仕事にも対応できる人が多くなります。まして最近の風俗事情は人妻の人気が上昇中ですので、需要そのものは物凄くあります。そしてスーパーのレジで仕事をするより何倍ものお給料を貰える訳ですから、当然ながら働く女性は増えますよね。こうして今のデリヘル業界での人妻人気があるのかもしれません。

人妻が風俗の仕事をする理由は様々です。家計の為だったり物欲の為だったり性欲の為だったり、人それぞれです。ですがいずれの場合も秘密厳守で働かなければなりません。間違って旦那さんに知れたら、それこそ大変な事になってしまいます。最近のデリヘル店はその辺りの秘密厳守もしっかりと対応してくれていますので、面接の際にしっかりと確認しておきましょう。ちなみに収入に関しては平均すると1日の勤務で2万円~3万円。体力的な問題もあるでしょうから、週に2回~3回のペースで働く人妻が多いようです。